白浜の観光 2018/02/20 午前中

9d7992daceed60afbddb3eff055eb12f046e0823.jpg

mt-20180220091740.jpg

いきなり、食事の写真からスタートです。

朝食は、ブッフェ形式ではなくて、和食か洋食かを選ぶ形式です。
前日の夕食の最後に、希望を聞かれました。
きっちり、数を用意する事で、ロスを減らすようにしているのでしょう。

いい事ですよね。

mt-20180220100035.jpg

出発前にもうひと風呂浴びようとおもったら、大浴場は10時まででクローズでした。
貸切露天風呂が3つあって、それは10時半まで使えるって事だったので、無理やり行ったのですが、この季節の吹きっさらしは寒い...

mt-20180220112323.jpg

とはいえ、旅館の玄関には、梅が咲き誇っております。
流石に、和歌山は南にありますね。

mt-20180220112408.jpg

mt-20180220112427.jpg

mt-20180220112440.jpg

色々な梅が、競うように咲いておりました。

mt-20180220112530.jpg

mt-20180220112537.jpg

昨日、到着した時は、「はいはい、こちらです」と案内されてしまったので写真を撮れませんでしたが、旅館の玄関はこんな感じです。
そして、入り口から玄関までの間に、先ほどの梅がたくさん咲いております。

mt-20180220113522.jpg

旅館をゆっくりチェックアウトして、まず向かったのは円月島。
波のせいでしょうか、浸食されてこんな形になったんでしょうね。

mt-20180220113528.jpg

iPhone7 Plus 内蔵カメラの限界に挑戦です。

mt-20180220114917.jpg

次に向かったのが、千畳敷です。
砂岩が浸食されて、その後隆起してこんな感じになったそうです。

mt-20180220120013.jpg

最後に、三段壁です。
多分、これも浸食によるものでしょう。

源平合戦の時に活躍した熊野水軍の船を、この入江や洞窟に隠していたということらしいです。

mt-20180220120128.jpg

おお、洞窟に入れるようですね。

mt-20180220120429.jpg

mt-20180220120435.jpg

解説を見ても「ん?そうか?」と思うものや、」おお!そうか」と思うものがありますが、まぁそれはご愛嬌って事で。

mt-20180220120600.jpg

mt-20180220120634.jpg

弁財天さんが祀られてました。

水の神さまでもありますからね。

白浜は、パンダと温泉と、この三箇所を押さえておけば、大体大丈夫だと思われます(言い過ぎ)

そうして、白浜駅まで帰る途中の指定給油所でガソリンを満タンにしてもらったら、1.67リットルしか入らないし(笑)

駅で、無事レンタカーを返却して、待合室ですこし休憩です。

前へ

お楽しみの夕食 2018/02/19 夕方以降

次へ

白浜を後に 2018/02/20 午後