バーチャル山中家

インターネット上にある我が家です。他愛もない事を書いています。

タグ「ASUS」が付けられているもの


家のディスプレイを縦置きにしたい

現在のディスプレイ

VX238H-P.jpg

我が家のリビングにあるパソコン用モニタは、ASUSのVX238H-Pです。

画質やサイズや値段に全く不満はないんですけど、正直、安いので選んだって感じなので、VESA穴はついていません。

なので、モニターアームを付けることは不可能です。

VESA穴がないからと諦めるのは甘えだとの意見もありますが・・・

接続されているのは

最近はめったに使われなくなっている

mac-mini.jpg

Mac mini (Mid 2011)

それと、モンスターハンターワールドを娘とプレイするためだけに買ったと言っても過言ではない

CUH-2100AB02.jpg

PS4

あとは、USB-C経由でセカンドモニタとしてつなぐこともある

Spectre.jpg

hp Spectre x360

この3台がつながっています。

以前は、ここに Fire TV Stick もつながっていました。

どうしたいのか

PS4でディスプレイを縦にする需要は、まぁないでしょう。
多分、Fire TVでもないと思います。

この2つを使うときは、横置きですね。

Mac mini や Spectre については、ワードで文書を作成するときなどには縦がいいし、横に長いソースなら横、そうでもないソースは縦がいいなど、場合によって縦と横を切り替えて使いたいわけです。

ここは一発、モニタの背面にMDFなんかの板をくっつけて、安いアームと板を木ねじでとめてしまおうか?
「ボンドで貼る」的な感じで、なんとかならないかなー

Mac mini 用のディスプレイを新調しました

山中家の Mac mini は Mid 2011 なので、もう5歳です。
さすがにメモリを8GB+8GBの16GBにしてあるとはいえ、ちょっと動作がもっさりすることもあります。
まぁ、CPUのせいではなく、OSを新しくするたびに重たくなっている…そんな感じですけれど。

で、ディスプレイに関して言えば、むか〜しむかしのDOS/Vマシン(死語)の頃から愛用しているSHARPのLL-172G-Bです。
これが優秀なディスプレイで、なかなか壊れないし、いつまでも綺麗に表示されます。
しかし、さすがにSXGAでは狭く感じるようになりました。

そんな時、たまたまフライパンのタイムセールをアマゾンで見つけた時に、目に留まったのがこのASUS VX238H-Pでした。
1万円と少しで買えるならアリかな?って思って、気がついたらAmazonの買い物かごに入っていました。

翌日の午前中には届く、さすがのAmazon。
今回は、新潟からきたフライパンとともに、どちらもヤマト運輸さん。
クリスマスの忙しい中、ご苦労様です。
不在にならないよう、荷物は24時間365日営業な会社に届けているので、お昼ご飯を食べに出たついでに寄ってピックアップ。
家に帰って早速セットアップ。

軽い!(笑)

17インチのSXGAの方がかなり重い。

設置して、接続して、壁紙をとりあえずmacOS標準のものにして見て、おおーってなって、ブログを書いている感じです。
今までの作業スペースを、横に2枚並べて使えるイメージですね。
SXGAのころは、各アプリケーションを画面いっぱいに広げて作業していましたが、これからはそんなに広げるとかえって目が疲れそう。
なかなか、良い買い物をしました。