バーチャル山中家

インターネット上にある我が家です。他愛もない事を書いています。

タグ「パドマ」が付けられているもの


6日目:深夜フライトにて帰国

いよいよバカンスも終わり

JTBの係員さんがホテルに迎えに来るのは21:40。
なので、21:30ごろまでデパーチャーラウンジで充電しつつスマホをいじって過ごす。

空港までの道のりは、いつもより混雑している感じ。
そういえば、到着したときにもイスラム教の断食の関係でどーのこーのと説明を受けたっけ。
大変だなぁ、断食。絶対無理(笑)

空港について

チェックインカウンターは、せっかくのビジネスクラスなのに、ガラガラなもんで、エコノミーの先頭の人をビジネスクラスのカウンターから手招きしてるくらい。
優越感、少ないじゃん(笑)

チェックインした時にはまだゲートが未定だった。
これは、よくある話なので、そのまま出国審査を済ませて、ラウンジへ。

この出国審査で、ちょっとした事件が発生。
出入国審査官に、「日本国」のパスポートを出しているのに、「Japanese?」と確認される利加。
「Yes. (I’m) Japanese.」と答えたら、「ホントニ?」と何故か日本語で念を押す審査官。
確かに、顔が日本人離れしているけれども。
確かに、髪の色も日本人離れしているけれども。

時間ぎりぎりまでラウンジにいて、ゲートを確認すると01だっていうんで、てくてく歩いて向かう。
ところが、ゲート01は01a、01bみたいに複数あるじゃん!
まぁ、全部同じ場所だし良いんだけど。

画面で確認したら01bらしい。

ところが、いつまでたっても「OSAKA」の表示も出ないし、ぼーっと待っていたら、01aの方で日本人の添乗員さんっぽい人が(多分自分の連れてるお客さんに向かって)「大阪はこっちで〜す」みたいに言うのを聞いて、そっちへ。
ビジネス側に並んで、さっさと乗り込み、席についたのでフライトインフォメーションを見ようと思ったら、設定されてなくて映らない。

201701 - 134.jpg

ジャカルタ発デンパサール行の情報のままじゃん!

つまり、本当は01bに停まっていた機体が本来のGA882便で、急遽ジャカルタから来た国内線の機体に振り替えたっぽい。
それが故障なのか何なのかはわからないけどね。

CAさんは正しい名前で呼んでくれてるし、大阪へ行く風なアナウンスをしているけれど、果たして荷物はどうなのか?
そんな不安を抱えたまま、無事離陸した。

食事は、大阪到着の2時間前位なので、早朝になる。
なので、今のうちに希望を聞いておくよっていうてくれる。
利加は西洋風、私は和風をチョイス。

フラットになるシートで熟睡した後

朝食タイム。

201701 - 135.jpg

利加のチョイスした西洋風。
この写真にはメインがのっていなくて、後からアップルパイ的な物が来ました。

201701 - 137.jpg

私のチョイスした和風。
ご飯も日本風のお米。
お味噌汁はインスタントにしては具の多い赤だし。
魚は鯖でした。

201701 - 138.jpg

食べ終わって外をみたら、地球は青かった。

帰りももちろん、関空シャトル

空港から自宅まで一直線。
往路の山崎 夏子ドライバーの運転に負けるとも劣らない快適な安全運転をしてくれたのは、高雄 博ドライバーでした。
うちの夫婦の他にあと1名しか乗ってないので、まぁ大赤字なんだろうけど、今後もやめないで、できれば値上げしないで頑張って欲しいですね。

で、家について、絶句。

201701 - 139.jpg

これだけの、新聞と郵便物が、ポストに刺さったまま!!!
家にはずーっと娘がいたはずなんだけど!!!

というわけで、留守番がいても新聞は止めたほうが良いかもしれない山中家でした。

4日目:プールでのんびり

恒例の朝ごはん

201701 - 115.jpg

このトマトのグリルは、やみつきになりますね。

201701 - 116.jpg

実は、あまりとらないのですけど、ワッフルやパンケーキもあります。
目の前で焼いてくれます。

せっかく持ってきたので

201701 - 117.jpg

300円でゲットした浮き輪を、ようやく膨らましてプールへ。

その後も、お部屋でのんびりしたり、ホテル内をウロウロしたり。

この日の夕食は

ホテルから徒歩で行ける、モッツァレラさんへ。

201701 - 119.jpg

ハッピーアワーだってことで、おかわり用のチケットをくれました。

201701 - 120.jpg

私はチキンの胸肉をチョイス。

201701 - 121.jpg

トマト&モッツァレラ

201701 - 122.jpg

なんだかかまぼこみたいなもの。

201701 - 123.jpg

利加は、ブルーチーズのパスタを。

201701 - 124.jpg

おかわりには、ピンクのモヒート。

のんびりとした日々も、残りわずか・・・
この辺で、「帰りたくないね」ということで意見が一致(笑)

(続く)

3日目:朝食〜タマン・アユン寺院〜アフタヌーンティー〜夕食

鳥の声がうるさくて目が覚める的な

201701 - 73.jpg

部屋からみた、外の景色です。
緑豊かなホテルなので、リスはいるわ鳥はいるわ。
その声が目覚まし代わり。

いつもの朝食

201701 - 75.jpg

こっちのトマト、美味しいんですよねぇ。
日本のトマトも美味しいですけど、また違うっていうか。
ちょっと味が濃い気がします。

201701 - 76.jpg

去年は、利加が麺にハマっていましたが、今年は私が(笑)

201701 - 77.jpg

コーヒーも飲み放題です。

浜辺を散歩

食後の運動的な感じで、ホテルのすぐ近くの浜辺を見に行きました。

201701 - 78.jpg

結構、いい感じの波があって、サーフィンしている人もたくさんいます。

201701 - 81.jpg

浜辺のゴミを集めて運んでいる、ショベルカー。

201701 - 82.jpg

日本のと同じ、PCX。
最近のインドネシアのバイクは、だんだんスクーター化してきています。
以前のかっちょいいカブタイプは徐々に減ってますね。

201701 - 83.jpg

スクーターっぽいけど、モトクロス系のタイヤ履いている、なかなかかっちょいいヤマハ。

ちょっとは観光もするか!ってことで

201701 - 87.jpg

タマン・アユン寺院にやってきました。
ホテルからタクシーで1時間くらいです。

201701 - 88.jpg

中には入れませんが、周囲の壁の外から全部見えます。

201701 - 90.jpg

たくさん、塔があります。

201701 - 94.jpg

せっかくなので、IngressのMissionもクリアしつつ。

201701 - 95.jpg

これは、闘鶏場の再現模型。

201701 - 97.jpg

仏教寺院でいう両界曼荼羅のような物が。

201701 - 98.jpg

屋根の数は、奇数です。

201701 - 99.jpg

石の細工など、なかなか細かいですね。

201701 - 101.jpg

一番低いのだけ、2層なので偶数なんだけど、それ以外は、3,5,7,9,11と奇数になっています。

201701 - 102.jpg

ちょっと雲が出てきました。

この後、ちょっとしたアクシデント

実は、ホテルからのってきたタクシーは、通常観光地へ行くって言うと「行って待ってて帰って500,000ルピーね。安いね」とか言うんだけど、普通にメーターで走った。
現地についても、待ってますとか言わないし、料金を精算したら、そのまま行ってしまった。
なんとなく、同業者として「待ちたくない」空気を感じたので、あえて引き止めずに手放したんだけど、これが失敗。

帰ろうとしても、タクシーなんて通りかからない。
京都でいえば、三千院までタクシーに乗って行って、返しちゃった感じ。
ようやく通りかかったタクシーも、予定があるとかで駄目。
かわりにって友達に電話してくれた。

その友達を待つ間、さんざん、「こんなところへ来るときは、チャーターで来ないと帰りにタクシーないよ」と叱られ(笑)

次回からは、乗るときにきちんと交渉します、はい。

なんとかホテルに到着

無事にホテルについたので、ガーデンクラブラウンジでアフタヌーンティー(ガーデンクラブシャレーに宿泊だと無料)でお茶することに。

201701 - 105.jpg

これは、ピナコラーダではなく、パイナップルココナッツジュース。

201701 - 106.jpg

お菓子も食べ放題。

201701 - 107.jpg

利加はカフェオレ。

部屋でゆっくりしてから、夕食へGo!

去年に開店したてだった、Moo Moo Steak Houseへ。

201701 - 108.jpg

安定のモヒート。

201701 - 109.jpg

利加は、ビンタンビールの大ビン。

201701 - 111.jpg

現地の肉のフィレステーキ。1,000円強ってところ。
なかなか、柔らかくて美味しい。

で、部屋に戻って、ごろごろして、風呂入って、寝ました。

(続く)

2日目:ホテルのプール〜夕食

せっかくの新しいプールなので

インフィニティプールという名前の、新しいプールが今年オープンしています。
去年行ったときにはなにやら工事中でした。

去年の水着がもう古くなっていて、確かバリ島で捨てて帰ったので、今年はさっきのカルフールで買いました。
2,000円強ってところ。

201701056.jpg

クタの海で、サーフィンしている様子を見ながら、プールでのんびり。

201701060.jpg

気分は、セレブリティですね。

本日の夕食は

ホテルを出たところの向かい側に、できたてホヤホヤのイタリアンがありましたので、入ってみました。

Mamma Maurici

201701062.jpg

ソフトオープンと書かれていたので、まだ試運転中って感じです。 客の入りの割に、店員さんがめちゃくちゃいるのも、研修も兼ねているのでしょう。

201701063.jpg

店内の設備も、見たところできたてホヤホヤですね。

201701065.jpg

パイナップルとサラミのピッツァ。

201701066.jpg

安定のモヒート。

201701067.jpg

私は、ポルチーニと聞くと頼まずにはいられない質なので、それをフェットチーネで。

201701068.jpg

利加は、エビの入ったのをペンネで。

その後は

食後の休憩をして、カクテルアワーでただ酒飲んで、お風呂入って、ごろごろしているうちに寝ちゃいました(笑)

(続く)

2日目:朝食〜カルフール

いつものとおり、朝がっつりの昼抜きスタイル

201701 - 29.jpg

朝食は、メインレストランにてビュッフェスタイル。
毎年恒例のスタイル。

201701 - 30.jpg

たまご麺系の焼きそば。
甘めの醤油味で、日本人の口にも合う感じ。

201701 - 31.jpg

ことしは特にオーストラリア人がほとんどで、アジア系は日本人も中国人も見かけない。
時期の問題なんだろうけど。

201701 - 32.jpg

しかし、このブルーベリー味のヨーグルト、なんでこんな色なんだろう。
いや、ブルーベリーらしいけど。
で、美味しかったけど。

朝食後、最初のイベントは

はい、現地のSIMカードをゲットして、通信環境を確保する事ですね。
素直に、去年のお店に行きました。

201701 - 39.jpg

去年は4GBしかなくRp.100,000(約900円)でしたけど、今年は2GB、4GB、7GBがあるという。
で、なぜか2GBがRp.100,000(約900円)、4GBがRp.150,000(約1,300円)、7GBがRp.250,000(約2,200円)だそうだ。

ホテル内はほぼWi-Fiがあるので、2GBをチョイス。
言語設定を英語にしてから渡せば、SIMカードを差し替えて、APN設定して、開通操作してくれます。

201701 - 33.jpg

ほい、無事インドネシアの携帯になりました。

この時点で、日本で使っている電話番号では連絡出来なくなります。
なので、SMSで電話番号宛にパスコードを送ってくるようなサービスは使えませんので、ご注意を。
もちろん、無粋な仕事の電話も掛かって来ません(笑)

お札のデザインが変わってる?

どうも、あたらしいデザインのお札に絶賛切り替え中のようで、去年の残りを持って行ったお札と、今年両替してゲットしたお札がちがいます。

201701 - 36.jpg

こっちが古い方で、

201701 - 37.jpg

こっちがあたらしい方。

ま、今のところどちらも使えるようで、翌日の両替では旧デザインのお札が出て来ましたので、しばらくは安心かな。

でも、何年か行かないうちに、古いほうのお札は無効になる可能性もあるので、今後は注意が必要ですね。

恒例のカルフールへ

お土産や、面白いものがないか探すのが楽しいので、毎年ホテルからタクシーでカルフールへ出かけてます。

201701 - 41.jpg

利加は、さっそくビンタンのフレーバードビールをチェック。

201701 - 42.jpg

そうかと思えば、ハーゲンダッツの値段が高くてビックリしていたり。

ま、これは輸入品だしね。

201701 - 43.jpg

卵は現地生産だと思うんだけど、けっこう高い。
これは、日本の卵が物価の優等生すぎるのかも知れません。

201701 - 44.jpg

201701 - 45.jpg

これは、電動(アシスト?)の自転車。
なんだけど、日本にあるのとデザインのコンセプトが違うね。

201701 - 46.jpg

売り場にあったバナナ。
黄色と緑と、きれいに並んでいて、つい写真を取ってしまった。

201701 - 47.jpg

多分、塩サバ的なやつ。
よく、会社の食堂で出てくるやつとおんなじ。

201701 - 48.jpg

201701 - 50.jpg

201701 - 51.jpg

とりあえず、練り物は「かまぼこ」というらしい。
分からないでもない(笑)

201701 - 52.jpg

ビンタンビールのレモン風味を非課税範囲(6本/人)目一杯購入。
その他、おみやげのお菓子類なども購入して、カルフールは終了。

そういえば、パソコンの値段はチラチラ見たけど、スマホコーナー見るの忘れたなぁ。
最近では、国内でも十分色々なスマホが買えるし、通販で海外から買うのもそんなに難しいことではなくなったからねぇ。

で、一旦ホテルに戻ります。

(続く)

1日目:ホテルにて

滞在中1回ついてくる夕食を早速いただく

201701017.jpg

バリ島にくると、こんな感じの彫刻がたくさんあって、「ああ、バリ島に来たんだな」と思う訳だけど。

201701018.jpg

素朴でいいよね。こういうの。

で、今回のJTBのツアーには、滞在中に1回、ホテルのディナーが付いている。
今までのパターンだと、レストランで券を渡したら、上品なナシゴレンが出てくるって感じだった。
なので、いつものレストランに行ってみたら「ここじゃないよ。新しいプールの方だよ」って言われたので、そちらに向かう。

201701019.jpg

暗いプールの中に、プールサイドバーの明かりが見える。

201701020.jpg

で、言われたレストランまで行ってみたら、なんとテーマディナーが無料でついているって聞いてびっくり。
飲み物は別料金だよって、そりゃそうでしょ(笑)

生でレゴンダンスもやっている、ちゃんとしたディナーでした。

お腹も膨れたので、お部屋に

201701021.jpg

いつものお部屋です。
6部屋から8部屋が2階建の1棟になっていて、なぜか必ず1階の部屋になる。
今まで一度も2階の部屋になったことはない。
なんでかな?

201701022.jpg

日本から持って来た、ガジェット充電用機器。
Cタイプコンセントの変換と、3つ口タップ2段重ねに、USB4口のアダプタ。

他の機器をつなぐ事がめっきりなくなったので、3つ口タップはただのスペーサーになりつつある。

201701023.jpg

バスルームの奥にシャワースペース。

201701024.jpg

バスタブもいつもの感じ。
一部のシャレーは改装しているので、そっちはお風呂も新しくしているかな。

201701025.jpg

娘が来ていたら寝ていたであろうスペース。

201701026.jpg

部屋にはWi-Fiルーターが設置されているので、日本から持っていく必要はありません。

201701027.jpg

クローゼットにはセーフティーボックス。
アイロンとアイロン台も。

201701028.jpg

そして、蚊取りの代名詞「ベープ」
セットされているマットは互換品みたいですけど(笑)

さて、この日は1日が25時間。
1時間長いので、そろそろ寝るとしましょう。

(続く)

1日目:自宅からホテルまで

関空までの移動は、いつものヤサカ関空シャトル

もうお馴染みの、ヤサカ関空シャトル。
家の前まで来てくれて、空港の4階出発フロアまで直行なので、楽ったらない。
しかも、最近は阪神高速8号京都線山科ICから第二京阪道路経由で行くことが多いので、速いんです。

前日に、「明日のお迎えは7時です」と、電話で連絡が来ます。
7時少し前には、家の前にジャンボタクシーの気配が。
出てみたら、フォーリンフレンドリータクシー研修でお隣の席だった、ヤサカの看板娘・山﨑夏子ドライバーの姿が。

思わず「あら、なっちゃん」と言うてしまったけど、そんなに親しい訳ではないので、失礼だった。反省。

このシャトルは、うちの2名以外にあと3名の、2グループ5名。
これがヤサカのいいところ。あまり詰め込まないのよね。
採算的には目一杯詰め込む方がいいんだろうけどね。

で、いつもの通り、近畿道東大阪PAにてトイレ休憩と料金精算。
道中、渋滞などもなく、非常にスムースに関西空港まで着きました。
過去色々なドライバーの運転するシャトルに乗せてもらいましたけど、山﨑ドライバーの運転が一番スムースだと思いました。
きっと、車酔いしやすい娘でも酔わなかったことでしょう。

南団体受付でチケットをもらい、チェックイン

無事、関西空港に着きましたので、荷物を持って団体受付に。
さすがは天下のJTBさん、広いスペースで受付しておられます。
昔は、分厚いバウチャーがありましたけど、今はA4のコピーみたいな紙1枚が往復のチケットなので、ちょっと寂しいですね。

で、このカウンターのお姉さんは、崎山さんでした。ザキヤマではなくサキヤマさんでしたが。
シャトルが山﨑ドライバーで、JTBさんは崎山さんと。

で、チケットをもらったので、引き続きチェックインをしに、後ろの島の向こう側に回ります。

そこにものすごい長蛇の列があって「まさかこの後ろに並ぶの?」と思いましたが、それはベトナム航空さんの列でした。
我らがガルーダインドネシア航空の列もそこそこ長くあり、結構日本人率が低かったです。
よく考えると、日本人はまだ夏休みじゃなかった(笑)

201701001.jpg

往きはエコノミーなので、横の空いているビジネスのカウンターを尻目に並んで、ようやくチェックイン。

201701002.jpg

対策品が販売開始という話もあるSAMSUNGのGARAXY NOTE7に関する注意書きは、健在。

ラウンジでくつろいでから機内へ

荷物を預けて身軽になったので、3階でお店をちらちら覗きつつ、そのままカード会社のラウンジへ。
そこで、飲み物を飲みつつ軽食をつまみつつ、時間をつぶしました。

で、そろそろいい時間だなってことで出発ゲートに向かうと、むちゃくちゃ並んでます。
ほとんどが海外へ帰る人っぽい。
これだけ、日本に海外から人が来ているんだなと実感。

201701003.jpg

さて、機内。
ちょうど羽の上くらいの席、AとCの並び。A330-300なので、2-4-2配列。
ドアが閉まると、すぐに使い捨ておしぼりとお水が配られる。

201701004.jpg

耳栓、アイマスク、靴下のセット。
これが、なかなか重宝。

201701005.jpg

その後、飲み物タイムになって、利加はビンタンビールを、私はトマトジュースを。

機内食

201701006.jpg

今回は、二人ともインドネシア風をチョイスしたんだけど、どうみてもすき焼き風煮物なんだよな。
CAさん、和食と間違えたのかな?って思ったけど、多分これで合ってるんだろう。

201701007.jpg

着陸1時間前くらいになると、恒例のスーパーカップ(ミニ)が配られる。
美味しいよね、これ。
新幹線のアイスも美味しいけど(笑)

デンパサール空港からホテルまで

201701008.jpg

なかなかのソフトランディングで、ングラ・ライ国際空港に到着。
イミグレーションが混んでいたものの、そこそこで通過。

201701009.jpg

空港を出ると、大勢の現地係員が待ち受ける中、JTB柄のアロハシャツの集団に近づいていく。
最近は旅行者ごとに車と係員を用意していて、複数のグループを1台の車でホテルに送ることがなくなった。
以前だと、ちょっと小さめのマイクロバスみたいなのも有ったけど、最近ではもっぱらステーションワゴン的な。
日本でいうと、WISHとかSIENTAくらいのサイズかな。

201701010.jpg

なんだか、ボディに色々貼るのが流行っているみたい。
去年はこんなの1台もみなかったけど、今年は結構見かけた。
この国、流行りだすと早いので。

201701011.jpg

いつものパドマホテルに到着。

201701012.jpg

ロビーのテーブルで、チェックインするって時に、「今ならガーデンクラブラウンジでカクテルアワーだから、そっちでチェックインしたら飲めるよ?」と言われ、急遽移動。

201701013.jpg

で、チェックインしつつ、飲み物飲みつつ。

201701014.jpg

鍵をもらって

201701015.jpg

モヒート飲んで

201701016.jpg

ピナコラーダ飲む、と。

(続く)