バーチャル山中家

インターネット上にある我が家です。他愛もない事を書いています。

タグ「ガルーダインドネシア航空」が付けられているもの


関西空港にて

ヤサカ関空シャトルのメリットは、自宅前から出発して、4階出発ロビー横付けになることですね。
山中家は荷物が少ないので、移動はそんなに大変ではないんですが、それでも楽に越したことはありません。

バリ島へ向かう飛行機は、いつものガルーダインドネシア航空です。
なので、チェックインカウンターはFアイランドですが、JCBトラベルさん経由でJTBさんのツアーを申し込んでいますから、まずは南団体カウンターへ向かいます。

ところが、いつもの場所にカウンターがありません。
去年にカンボジア・ベトナムへ旅行した時と、場所が変わっています。
人の流れを良くするためなのかな?
それと、グループの代表が一人だけカウンターに来てねっていうお願いも書いてありました。
混雑緩和ですね。

IMG_0001.jpg

ここで、パスポートと旅程表を見せて、チェックインカウンターの説明を受けたら、早速チェックインカウンターへ向かいます。

ガルーダ・インドネシア航空は、スカイチームなので、どっちかというとANAさんと仲間なんですけど(実際GA883はコードシェアでNHな番号もある)、チェックインカウンターはJALさんのスタッフ。
その辺は、あまりこだわらない感じなんですね。

無事チェックインも出来ました。
そして、GA883安定の早発。10:50改め10:40だそうです(笑)

とにかく、早起きしてそのまま来ていますから、朝ごはんを食べるとしましょう。

IMG_0026.jpg

はい、Fアイランドから最寄りのエスカレータを降りると、そこにあるのが「釜戸ごはん さち福や」さんです。
朝の時間は、朝食をビュッフェ形式で提供されています。

その後、液体物を小分けにする袋や綿棒をダイソーやドラッグストアで仕込み、私のiPhone7 Plus用にやっすいケースないかなー?って探したりしましたが、ケースは残念ながら無く、裸で行くことに。

そんな事をしているうちに、10分の早発も手伝って、JCBカードで利用できるラウンジに行く時間はなくなり、マッサージ椅子でお茶を濁しました。

IMG_0002.jpg

そうして、28番ゲートから、A330-300に乗り込みます。

IMG_0003.jpg

では、機内へと参りましょう。

6日目:深夜フライトにて帰国

いよいよバカンスも終わり

JTBの係員さんがホテルに迎えに来るのは21:40。
なので、21:30ごろまでデパーチャーラウンジで充電しつつスマホをいじって過ごす。

空港までの道のりは、いつもより混雑している感じ。
そういえば、到着したときにもイスラム教の断食の関係でどーのこーのと説明を受けたっけ。
大変だなぁ、断食。絶対無理(笑)

空港について

チェックインカウンターは、せっかくのビジネスクラスなのに、ガラガラなもんで、エコノミーの先頭の人をビジネスクラスのカウンターから手招きしてるくらい。
優越感、少ないじゃん(笑)

チェックインした時にはまだゲートが未定だった。
これは、よくある話なので、そのまま出国審査を済ませて、ラウンジへ。

この出国審査で、ちょっとした事件が発生。
出入国審査官に、「日本国」のパスポートを出しているのに、「Japanese?」と確認される利加。
「Yes. (I’m) Japanese.」と答えたら、「ホントニ?」と何故か日本語で念を押す審査官。
確かに、顔が日本人離れしているけれども。
確かに、髪の色も日本人離れしているけれども。

時間ぎりぎりまでラウンジにいて、ゲートを確認すると01だっていうんで、てくてく歩いて向かう。
ところが、ゲート01は01a、01bみたいに複数あるじゃん!
まぁ、全部同じ場所だし良いんだけど。

画面で確認したら01bらしい。

ところが、いつまでたっても「OSAKA」の表示も出ないし、ぼーっと待っていたら、01aの方で日本人の添乗員さんっぽい人が(多分自分の連れてるお客さんに向かって)「大阪はこっちで〜す」みたいに言うのを聞いて、そっちへ。
ビジネス側に並んで、さっさと乗り込み、席についたのでフライトインフォメーションを見ようと思ったら、設定されてなくて映らない。

201701 - 134.jpg

ジャカルタ発デンパサール行の情報のままじゃん!

つまり、本当は01bに停まっていた機体が本来のGA882便で、急遽ジャカルタから来た国内線の機体に振り替えたっぽい。
それが故障なのか何なのかはわからないけどね。

CAさんは正しい名前で呼んでくれてるし、大阪へ行く風なアナウンスをしているけれど、果たして荷物はどうなのか?
そんな不安を抱えたまま、無事離陸した。

食事は、大阪到着の2時間前位なので、早朝になる。
なので、今のうちに希望を聞いておくよっていうてくれる。
利加は西洋風、私は和風をチョイス。

フラットになるシートで熟睡した後

朝食タイム。

201701 - 135.jpg

利加のチョイスした西洋風。
この写真にはメインがのっていなくて、後からアップルパイ的な物が来ました。

201701 - 137.jpg

私のチョイスした和風。
ご飯も日本風のお米。
お味噌汁はインスタントにしては具の多い赤だし。
魚は鯖でした。

201701 - 138.jpg

食べ終わって外をみたら、地球は青かった。

帰りももちろん、関空シャトル

空港から自宅まで一直線。
往路の山崎 夏子ドライバーの運転に負けるとも劣らない快適な安全運転をしてくれたのは、高雄 博ドライバーでした。
うちの夫婦の他にあと1名しか乗ってないので、まぁ大赤字なんだろうけど、今後もやめないで、できれば値上げしないで頑張って欲しいですね。

で、家について、絶句。

201701 - 139.jpg

これだけの、新聞と郵便物が、ポストに刺さったまま!!!
家にはずーっと娘がいたはずなんだけど!!!

というわけで、留守番がいても新聞は止めたほうが良いかもしれない山中家でした。

1日目:自宅からホテルまで

関空までの移動は、いつものヤサカ関空シャトル

もうお馴染みの、ヤサカ関空シャトル。
家の前まで来てくれて、空港の4階出発フロアまで直行なので、楽ったらない。
しかも、最近は阪神高速8号京都線山科ICから第二京阪道路経由で行くことが多いので、速いんです。

前日に、「明日のお迎えは7時です」と、電話で連絡が来ます。
7時少し前には、家の前にジャンボタクシーの気配が。
出てみたら、フォーリンフレンドリータクシー研修でお隣の席だった、ヤサカの看板娘・山﨑夏子ドライバーの姿が。

思わず「あら、なっちゃん」と言うてしまったけど、そんなに親しい訳ではないので、失礼だった。反省。

このシャトルは、うちの2名以外にあと3名の、2グループ5名。
これがヤサカのいいところ。あまり詰め込まないのよね。
採算的には目一杯詰め込む方がいいんだろうけどね。

で、いつもの通り、近畿道東大阪PAにてトイレ休憩と料金精算。
道中、渋滞などもなく、非常にスムースに関西空港まで着きました。
過去色々なドライバーの運転するシャトルに乗せてもらいましたけど、山﨑ドライバーの運転が一番スムースだと思いました。
きっと、車酔いしやすい娘でも酔わなかったことでしょう。

南団体受付でチケットをもらい、チェックイン

無事、関西空港に着きましたので、荷物を持って団体受付に。
さすがは天下のJTBさん、広いスペースで受付しておられます。
昔は、分厚いバウチャーがありましたけど、今はA4のコピーみたいな紙1枚が往復のチケットなので、ちょっと寂しいですね。

で、このカウンターのお姉さんは、崎山さんでした。ザキヤマではなくサキヤマさんでしたが。
シャトルが山﨑ドライバーで、JTBさんは崎山さんと。

で、チケットをもらったので、引き続きチェックインをしに、後ろの島の向こう側に回ります。

そこにものすごい長蛇の列があって「まさかこの後ろに並ぶの?」と思いましたが、それはベトナム航空さんの列でした。
我らがガルーダインドネシア航空の列もそこそこ長くあり、結構日本人率が低かったです。
よく考えると、日本人はまだ夏休みじゃなかった(笑)

201701001.jpg

往きはエコノミーなので、横の空いているビジネスのカウンターを尻目に並んで、ようやくチェックイン。

201701002.jpg

対策品が販売開始という話もあるSAMSUNGのGARAXY NOTE7に関する注意書きは、健在。

ラウンジでくつろいでから機内へ

荷物を預けて身軽になったので、3階でお店をちらちら覗きつつ、そのままカード会社のラウンジへ。
そこで、飲み物を飲みつつ軽食をつまみつつ、時間をつぶしました。

で、そろそろいい時間だなってことで出発ゲートに向かうと、むちゃくちゃ並んでます。
ほとんどが海外へ帰る人っぽい。
これだけ、日本に海外から人が来ているんだなと実感。

201701003.jpg

さて、機内。
ちょうど羽の上くらいの席、AとCの並び。A330-300なので、2-4-2配列。
ドアが閉まると、すぐに使い捨ておしぼりとお水が配られる。

201701004.jpg

耳栓、アイマスク、靴下のセット。
これが、なかなか重宝。

201701005.jpg

その後、飲み物タイムになって、利加はビンタンビールを、私はトマトジュースを。

機内食

201701006.jpg

今回は、二人ともインドネシア風をチョイスしたんだけど、どうみてもすき焼き風煮物なんだよな。
CAさん、和食と間違えたのかな?って思ったけど、多分これで合ってるんだろう。

201701007.jpg

着陸1時間前くらいになると、恒例のスーパーカップ(ミニ)が配られる。
美味しいよね、これ。
新幹線のアイスも美味しいけど(笑)

デンパサール空港からホテルまで

201701008.jpg

なかなかのソフトランディングで、ングラ・ライ国際空港に到着。
イミグレーションが混んでいたものの、そこそこで通過。

201701009.jpg

空港を出ると、大勢の現地係員が待ち受ける中、JTB柄のアロハシャツの集団に近づいていく。
最近は旅行者ごとに車と係員を用意していて、複数のグループを1台の車でホテルに送ることがなくなった。
以前だと、ちょっと小さめのマイクロバスみたいなのも有ったけど、最近ではもっぱらステーションワゴン的な。
日本でいうと、WISHとかSIENTAくらいのサイズかな。

201701010.jpg

なんだか、ボディに色々貼るのが流行っているみたい。
去年はこんなの1台もみなかったけど、今年は結構見かけた。
この国、流行りだすと早いので。

201701011.jpg

いつものパドマホテルに到着。

201701012.jpg

ロビーのテーブルで、チェックインするって時に、「今ならガーデンクラブラウンジでカクテルアワーだから、そっちでチェックインしたら飲めるよ?」と言われ、急遽移動。

201701013.jpg

で、チェックインしつつ、飲み物飲みつつ。

201701014.jpg

鍵をもらって

201701015.jpg

モヒート飲んで

201701016.jpg

ピナコラーダ飲む、と。

(続く)