バーチャル山中家

インターネット上にある我が家です。他愛もない事を書いています。

タグ「カルフール」が付けられているもの


4日目の様子:お買い物とマッサージ

IMG_0057.jpg

もう4日目!?
時の経つのは早い。

IMG_0154.jpg

朝ごはんには、レタスとトマトにフレンチドレッシングを欠かさず食べております。

IMG_0155.jpg

この日はビーフンがあったので、食べて見ました。
美味しかったです。

さて、この日の予定は、カルフールへ行ってお土産その他を物色することと、滞在中1回無料でついているバリニーズマッサージまたはエステを受けることです。

まずは、ホテルの前からタクシーにのって、カルフールへ向かいます。

パドマリゾートには、大抵ブルーバードタクシーグループの待機車両があって、すぐに乗ることができます。

初乗りは7,000ルピア。およそ55円。
その後、100mごとに650ルピア上がっていく感じです。

55円から5円ずつ上がる感じ。
ざっくり、京都のタクシーの10分の1ですね。

で、乗り込んで行き先「カルフール」を告げて出発して、しばらく走ったところで、「水を買いたいので寄ってもいいか?」と聞かれました。
怪しい感じではなかったので、「OK!」と伝えると、その先にあったコンビニ風の店にタクシーを停め、お店に入って行きました。

あれ、メーター、停めてくれないんだ(笑)

まぁ、650ルピアが2回あがったくらいなんで、10円程度の話ですけどね。

カルフールでは、お菓子系や雑貨系のお土産を買ったり、スマホの値段をチェックしたりして遊びます。
嫁さんはドリアンをゲットしようと頑張っていたのですが、残念ながら今回は生のドリアンにはお目にかかれませんでした。
あと、バリ島は急速に近代化して進歩しているなぁと、スーパーを見ていても感じます。
昔は量がバラバラだったペットボトルの炭酸飲料が、きちんと液面が揃っているし。

帰りは、ホテルの近くの通りがお祭りなのかお葬式なのかの行列で通行止めになっていて、大渋滞&迂回する事になりましたが、なんとかたどり着けました。

午後のエステの時間まで少しあるので、ガーデンクラブラウンジでお茶しながらお菓子をつまむ、優雅なひと時を過ごし、マッサージを受けるスパへ。

最初にフロントで、マッサージに使用するオイルの香りについて好みを聞かれたり、簡単な問診表のような物を書いて、案内された部屋がこちら。

IMG_0173.jpg

ここで、パンツ1丁に着替えて、上から備え付けのガウンを羽織ります。

IMG_0174.jpg

最初は、この椅子に座って、足を綺麗にして、マッサージしてから、続きはベッドです。

まずはうつ伏せになり、両足をマッサージ。
その後、背中から首・肩へと向かいます。

次に仰向けで、再び足から。

トータルで1時間のコースです。

最後の方、寝ちゃいました。

晩御飯は、なにかアジアンなものがいいねってことで、ホテルを出てすぐにあるアジアンスパイスカフェへ。

IMG_0175.jpg

私はモヒート。

IMG_0176.jpg

嫁さんは、マンゴーコラーダ。(ピナコラーダのパインをマンゴーにしたものらしい)

料理を待っていると、通行止めの原因と思われる行列が、一周回ってやってきました。

IMG_0058.jpg

IMG_0060.jpg

IMG_0061.jpg

IMG_0062.jpg

バリ島の正装は、カッコいいですよね。

IMG_0063.jpg

向かいのパブは、オーストラリアからの方々で賑わっています。
このパブも古い。
初めてパドマに泊まった時からずっとありますね。

さて、料理がやってきました。

IMG_0179.jpg

私は、チキンドライカレー的なもの。

IMG_0181.jpg

嫁さんは、スープはるさめ的なもの。

IMG_0182.jpg

これには、調味料とえび無しえびせんのような具を入れていただきます。

IMG_0180.jpg

あと、春巻きはシェアして。

そんなこんなで、バリ島最後の夜は更けて行きます。

2日目:ホテルのプール〜夕食

せっかくの新しいプールなので

インフィニティプールという名前の、新しいプールが今年オープンしています。
去年行ったときにはなにやら工事中でした。

去年の水着がもう古くなっていて、確かバリ島で捨てて帰ったので、今年はさっきのカルフールで買いました。
2,000円強ってところ。

201701056.jpg

クタの海で、サーフィンしている様子を見ながら、プールでのんびり。

201701060.jpg

気分は、セレブリティですね。

本日の夕食は

ホテルを出たところの向かい側に、できたてホヤホヤのイタリアンがありましたので、入ってみました。

Mamma Maurici

201701062.jpg

ソフトオープンと書かれていたので、まだ試運転中って感じです。 客の入りの割に、店員さんがめちゃくちゃいるのも、研修も兼ねているのでしょう。

201701063.jpg

店内の設備も、見たところできたてホヤホヤですね。

201701065.jpg

パイナップルとサラミのピッツァ。

201701066.jpg

安定のモヒート。

201701067.jpg

私は、ポルチーニと聞くと頼まずにはいられない質なので、それをフェットチーネで。

201701068.jpg

利加は、エビの入ったのをペンネで。

その後は

食後の休憩をして、カクテルアワーでただ酒飲んで、お風呂入って、ごろごろしているうちに寝ちゃいました(笑)

(続く)

2日目:朝食〜カルフール

いつものとおり、朝がっつりの昼抜きスタイル

201701 - 29.jpg

朝食は、メインレストランにてビュッフェスタイル。
毎年恒例のスタイル。

201701 - 30.jpg

たまご麺系の焼きそば。
甘めの醤油味で、日本人の口にも合う感じ。

201701 - 31.jpg

ことしは特にオーストラリア人がほとんどで、アジア系は日本人も中国人も見かけない。
時期の問題なんだろうけど。

201701 - 32.jpg

しかし、このブルーベリー味のヨーグルト、なんでこんな色なんだろう。
いや、ブルーベリーらしいけど。
で、美味しかったけど。

朝食後、最初のイベントは

はい、現地のSIMカードをゲットして、通信環境を確保する事ですね。
素直に、去年のお店に行きました。

201701 - 39.jpg

去年は4GBしかなくRp.100,000(約900円)でしたけど、今年は2GB、4GB、7GBがあるという。
で、なぜか2GBがRp.100,000(約900円)、4GBがRp.150,000(約1,300円)、7GBがRp.250,000(約2,200円)だそうだ。

ホテル内はほぼWi-Fiがあるので、2GBをチョイス。
言語設定を英語にしてから渡せば、SIMカードを差し替えて、APN設定して、開通操作してくれます。

201701 - 33.jpg

ほい、無事インドネシアの携帯になりました。

この時点で、日本で使っている電話番号では連絡出来なくなります。
なので、SMSで電話番号宛にパスコードを送ってくるようなサービスは使えませんので、ご注意を。
もちろん、無粋な仕事の電話も掛かって来ません(笑)

お札のデザインが変わってる?

どうも、あたらしいデザインのお札に絶賛切り替え中のようで、去年の残りを持って行ったお札と、今年両替してゲットしたお札がちがいます。

201701 - 36.jpg

こっちが古い方で、

201701 - 37.jpg

こっちがあたらしい方。

ま、今のところどちらも使えるようで、翌日の両替では旧デザインのお札が出て来ましたので、しばらくは安心かな。

でも、何年か行かないうちに、古いほうのお札は無効になる可能性もあるので、今後は注意が必要ですね。

恒例のカルフールへ

お土産や、面白いものがないか探すのが楽しいので、毎年ホテルからタクシーでカルフールへ出かけてます。

201701 - 41.jpg

利加は、さっそくビンタンのフレーバードビールをチェック。

201701 - 42.jpg

そうかと思えば、ハーゲンダッツの値段が高くてビックリしていたり。

ま、これは輸入品だしね。

201701 - 43.jpg

卵は現地生産だと思うんだけど、けっこう高い。
これは、日本の卵が物価の優等生すぎるのかも知れません。

201701 - 44.jpg

201701 - 45.jpg

これは、電動(アシスト?)の自転車。
なんだけど、日本にあるのとデザインのコンセプトが違うね。

201701 - 46.jpg

売り場にあったバナナ。
黄色と緑と、きれいに並んでいて、つい写真を取ってしまった。

201701 - 47.jpg

多分、塩サバ的なやつ。
よく、会社の食堂で出てくるやつとおんなじ。

201701 - 48.jpg

201701 - 50.jpg

201701 - 51.jpg

とりあえず、練り物は「かまぼこ」というらしい。
分からないでもない(笑)

201701 - 52.jpg

ビンタンビールのレモン風味を非課税範囲(6本/人)目一杯購入。
その他、おみやげのお菓子類なども購入して、カルフールは終了。

そういえば、パソコンの値段はチラチラ見たけど、スマホコーナー見るの忘れたなぁ。
最近では、国内でも十分色々なスマホが買えるし、通販で海外から買うのもそんなに難しいことではなくなったからねぇ。

で、一旦ホテルに戻ります。

(続く)