バーチャル山中家

インターネット上にある我が家です。他愛もない事を書いています。

追突

おかまほっちゃいました;;
無事故記録もまたリセット・・・
4月1日の乗務から、再スタートです。
無事故無違反乗務キロ数を、この日誌に記載していき、がんばりたいと思います。

大阪の研修

今日は、黒中型乗務のための、大阪の主要ホテルを回る研修でした。
もう、頭がパンパンです(笑)

棚ぼたの貸切

23日に、お昼を食べようと会社に戻ると、「出庫できる人~」と放送で呼び出し。
珍しく、会社にすぐ出れそうな人がいなかったので、「じゃぁ私が行きましょうか」ということに。
普段なら、会社の近辺にあるお得意様へのお迎えがほとんどなのですが、今回は観光で回っているタクシーにお客様の合流があって、もう1台必要になったというものでした。
「すぐ三十三間堂へいってくれ~」と言われ、ぶっ飛ばしてGO。
そこから6時間の観光貸切となりました。3,660/hなので、21,960円なり。
しかも3台で回るので、先輩の説明の仕方やなんかも勉強できるので、すごく美味しかったです。

修学旅行研修

この日は、修学旅行シーズン到来に先立って、修学旅行の仕事をする乗務員は全員必須の研修会でした。
修学旅行は、''時間との戦い''なわけです。一般の観光の場合は、最終日で新幹線の時間が決まっている場合などは別として、お客様の気分ひとつで短くも長くも出来ますが、修学旅行は短くなっても長くなっても駄目なんです。
お宿へは、15分間の間に全車両が到着するという、普通なら考えられないことを行います。
そうしないと、その後のお風呂やご飯が全部ずれてしまうからですね。
しかも、その15分間の内の最初の5分間に、ほとんどの車が帰ってくるそうです。
先輩乗務員の話では、あまりに神経を使うので、終わってからその後すぐに普通の仕事をすると、間違ったり事故をしたりするといいます。十分休憩して、気持ちを落ち着かせてから仕事をするようにしなさいといわれました。

ヤサカグループは、日本で最大の修学旅行担当タクシー会社だそうです。
他社(個人を含む)よりも値段が高くても、予約が殺到するというこの状況は、毎年きちんと対応してきた信頼によるものです。
この信頼を崩さないように、がんばりたいですね。

黒講習(実地その1)

この日は、実地講習の第一弾として、
1.斎場
2.花街
3.特に黒中型を指定されるお客様
の場所や、車のつけ方を、実際に現地に行って研修しました。
今後、大阪市内の主要ホテル、伊丹および関西空港、神戸市街および神戸空港の3回が予定されています。
頭がパンクしています(笑)

メーター押し忘れ

今までも、何度かメーターの押し忘れはあったのですが、今回のは2,000円越えのお客さんの目的地近くで気づくという、最大のもの(笑)
でも、いつもご乗車いただいているお客さんだったので、「いつもこのくらいだから」とチケットに金額を記入してくださいました。
ありがとうございました。

さて、そのいただいた運賃は、メーターには集計されていないわけですが、その状態で一生懸命売上を確認しつつ営業。
もうちょっとで2万円できる!と思って気づいたのは、その分が別にあるってこと。
おぉ!もう2万円出来てるジャンってことで、足早に車庫に戻りました(笑)

黒中型乗務員講習

セミハイヤーである黒塗りの中型乗務員候補として選任されて、講習を受けています。
今日は、机上講習の最後となる、葬儀関連の講習でした。
いやぁ、しきたりやタブーの多いこと。大変そうです。
「柩車が信号を超えたら、たとえ赤になろうがよほど危険でない限りは止まらない」
というのが、一番大変で神経を使う部分なのかも知れません。

京都観光研修会(仮称)

私の勤務する洛陽交運(通称ラクヨー)は、ヤサカグループの中の1つです。
4台ある四つ葉のタクシーのうちの1台は、ラクヨーにあります。
その四つ葉のドライバーさんをリーダーに、若手3名の合計4人で、お寺やお食事どころを実際に見て回り、実際に食べてみて、道中に経験談を聞きつつ回る会として、京都観光研修会(仮称)を発足しました。
記念すべき第1回は、本日実施。休みを利用して行われました。

まずは、制服着用です。
ヤサカグループの制服を着ていると、お寺やお店で「あ、ヤサカの乗務員さんだ」とわかってくれますから、お客さんをお連れしたときにどうしたら良いかという説明も受けることができます。

最初は黄檗山万福寺(http://www.obakusan.or.jp/)へ。
あらかじめ説明をしていただけるようお寺にお願いしていたので、詳しい説明が聞けました。
私は中をみたのは初めてだったのですが、いわゆる日本のお寺とは違い、かなり中国文化を感じます。ちなみにお経は今も中国語の発音です。
次に、まもなく桜の季節を迎えることもあり、醍醐寺(http://www.daigoji.or.jp/)へ。
三宝院を拝観しました。
その後、随心院(http://homepage3.nifty.com/zuishinin/)の前をとおり、山科地区の桜の穴場を確認しつつ、毘沙門堂へ。制服パワーで、拝観料を免除してもらい、本来有料の場所も入れました。

その後は一気に嵐山嵯峨野方面へ。
まずは昼食です。修学旅行などの場合に行くとよい店の場所を確認しつつ、目当ての店が休みだったのでお蕎麦屋さんへ。
腹ごしらえもすんだので、まずは野々宮神社へ。さらに竹林の中を抜けていきます。
大河内山荘~トロッコ嵐山駅~常寂光寺~落柿舎~去来の墓~二尊院と駆け足で眺めつつ、リーダーのお勧め祇王寺へ。
祇王寺、はっきり言ってはまりました。すごく良いです。
きっと紅葉のころはすばらしいことになるだろうと予想がつきます。
ここはリーダーの十八番なので、リーダーの説明を聞きつつ、リーダーのコツを伝授してもらいつつ、お庭に感動しつつ・・・是非、私もお客さんをお連れしたいと思いました。
で、化野念仏寺へ。ここでも、リーダーが説明をお願いしておいてくれたので、詳しい説明を聞くことが出来ました。

次回はいつ開催されるかも未定なこの研修会ですが、こうやって少しずつ覚えていきたいと思います。

売上好調!

11日・12日と、2日とも28,000円(税込)の売上。
勤務時間が他の乗務員より短い私としては、かなりの好成績です。

プロのサービス

クローゼット/019:プロのサービスに利加が書いていることについて、どう反応しようか悩んでいたので、なんとなく日誌がかけなくて、2回も休んでしまいました。

私は、プロのサービスとして、それが当然に含まれているという考えを持っているわけではないと思っています。
でも、要求されて、それが多少本業を逸脱していても、提供できるものは提供するべきでは?というスタンスであることは確かです。
今後は、自分が一番大切にしている人を悲しませるようなことがないように気をつけたいと思います。