バーチャル山中家

インターネット上にある我が家です。他愛もない事を書いています。

キムチ豆腐を作ってみた

娘に何が食べたい?って聞いたら、「鯛の刺身!」って言うので、買い物へ。
取り合えず、鯛とサーモンを買うことに。
もちろんパパがサーモン。

それだけだとあまりにさみしいので、木綿の豆腐とキムチを買って、キムチ豆腐を作ることにしてみた。

土鍋に食べやすい大きさに切った豆腐を入れて、浸かるだけの水を入れて、だしの素を入れて火を付ける。
沸騰したらキムチを入れて、弱火でしばらく煮る。
味見してみたらそのままで美味しかったので、出来上がり。

お皿に豆腐とキムチをとりわけて、残ったお出汁にご飯投入。
ふつふつしたら卵を入れて、かき混ぜると、キムチ雑炊の出来上がり。

なかなか美味しいし、あったまりました。

豚キムチを作ってみました

今日は嫁さんが夕方からお仕事なので、娘と二人で晩御飯です。
なんとなく、豚キムチが食べたくなったので、娘の好きな来来亭の豚キムチを目指して作ってみました。

材料は、

  • 豚肉(バラ) 300gくらい
  • キムチ 300g入り
  • しめじ 1袋
  • 舞茸 2パック
  • えのきだけ(冷蔵庫にあった半端)
  • つきこんにゃく 1袋
  • しょうゆ、みりん、塩、砂糖

豚肉は、適当な大きさに切っておきます。
しめじ、舞茸、えのきだけは、不要な部分をとってから手で裂いておきます。
こんにゃくは、袋から出して、水で洗い、ざるにあげておきます。

フライパンで豚肉を炒め、油が出てきたら、こんにゃく、きのこ類を入れます。
豚肉から出た油がなじんだら、塩を少々。これで、きのこから水分が出てきます。
全体がしんなりしたら、しょうゆ(お玉1杯)、みりん(お玉1杯)、砂糖(大さじ1杯強)を入れて、照り焼き風にからめます。
その後キムチを入れて、よく混ぜたら出来上がり。

パパレシピではいつものことですが、量は適当です。
味付けなども、加減してください。

ティファールはすき焼き鍋にもなるんです

ティファールはすき焼き鍋にもなるんです091020

今日は、結婚して初めて「家ですき焼き」をしました。
今まで、すき焼きは、「お正月に嫁さんの実家で食べるもの」だったのですが(笑)

なんとなく風邪気味な嫁さんとかえちゃんに、栄養をつけてもらおうという作戦です。

材料は、

  • 牛肉
  • 長ネギ
  • 糸こんにゃく
  • しいたけ
  • 焼き豆腐
  • 白菜

など、お好みで。

取っ手のとれるティファールは、取っ手をとるとすき焼き鍋に似ているなぁと、前から思っていたんですが、すき焼き鍋よりもグッドでした。
なんといっても焦げ付かないし。

ベーコンとシメジのクリームソースパスタ

ベーコンとシメジのクリームソースパスタ091008

今日のお昼は、パスタにしました。
冷蔵庫をチェックすると、使うはずだけど使わなかったシメジと、そろそろ賞味期限が近いベーコンがあったので、それをチョイス。

まずは、ベーコンを小さく切って、フライパンで炒めます。
ベーコンから油が出るので、油は引かずに。
程よく油が出たら、シメジを投入。
しんなりするまで炒めます。

ここで、パスタをゆで始めます。
できたら茹で上がりとソースの完成を同時にしたいところだけど、それはなかなか難しいので、それだったらソースがやや先にできるくらいを目指しましょう。

シメジから水分がでて、全体がしっとりしてきたら、塩・こしょう・味の素なんかで味付けします。
ここで、風味付けにバターを投入。
その後、小麦粉をパラパラ振りかけて、よくなじませたら、牛乳を注いで、バターと小麦粉と牛乳でホワイトソース風になるようによく混ぜます。
パスタが茹で上がるまで、いったんおいておきます。

さて、パスタが茹で上がったら、ソースに火をつけてパスタを投入し、よく混ぜます。
あとは、お皿に盛り付けて出来上がり。

パスタをゆでる時に塩を多めにいれる人は、ソースの塩分を控えめに。
逆に、塩は普通に入れる人は、ソースにしっかり味をつけましょう。

さぁ、召し上がれ!

今日の晩ご飯

今日の晩ご飯は、和風でせめて見ました。

recipe1.jpg

まずは、ピーマンと突きこんにゃくとじゃこの炒め煮。

突きこんにゃくをごま油で炒めて、細く切ったピーマンとじゃこを加え、お砂糖と醤油を加えて出来上がり。
今日は、味のアクセントに、千切りの生姜を入れてみました。
生姜を入れると、ピーマンの苦手な人でも食べやすいですよ。

recipe2.jpg

もう一品は、かぼちゃの炊いたん。

おじいちゃんの作ったかぼちゃなので、丁寧に面取りしておきます。
そうしないと、崩れちゃうからね。

沸騰したお湯にかぼちゃを入れて、だしの素を加え、静かに煮ます。
やわらかくなったら、お出しを別のお鍋に。
そのお出しに、鶏ミンチ(むね)を加え、醤油・みりん・酒で味をつけ、生姜をおろして入れ、片栗でとろみをつけます。
お皿にかぼちゃをとりわけ、鶏のあんをかけて出来上がり。

美味しそうでしょ?

キュウリと鶏ミンチの炒め物

recipe.jpg

トレーニング後のお昼ご飯に作ってみました。

材料
・キュウリ
・鶏ミンチ(胸)

作り方
・キュウリは乱切りにしておきます
・フライパンに胡麻油をひいて、ミンチをパラパラになるまで炒めます
・キュウリを加えて、さらに炒めます
・塩、コショウ、ポン酢、化学調味料等で味付けします
・香りに胡麻油を少し足し、お好みでラー油を加えます。

写真のキュウリは、四つ葉タクシーの打田さんからもらった特大キュウリです。

なかなかイケますよ。
お試しあれ!

オムライス

今日は、授業参観だった。
相変わらず、父親の姿は少ないが(笑)、とにかく最後まで見て、娘と一緒に帰ってきた。
帰り道に、いつも買い物している近所のスーパーに寄り道して、晩御飯の材料を仕入れた。
娘のリクエストは、オムライス。

実は、金曜日は娘のバレエのレッスンが遅くまであるので、オムライスはありがたい。
事前に仕込んでおけば、家に帰って卵で包むだけで食べられるから。

ここで、ワンポイント。
材料(今回は、鶏むねミンチ、玉葱、人参、パプリカ)を炒めて、塩・こしょう・ケチャップで味付けしたあとご飯を加えたケチャップライス。
これを、家に帰ってから暖めて、そのあと卵で包むのは面倒くさいし時間がかかる。
なので、ご飯を加えたあと、空いた炊飯器にいれて保温しておくとグー。
そうすれば、1つしかないティファールを洗っておけるし、卵で包む時にもティファールを使える。
さらに、今日のように嫁さんの遅い日には、そのまま保温しておけばよいので、なおグー。
是非、お試しあれ。

せっかく取っ手が取れるので

今日は、チキンバーのパリパリ焼きを作りました。
あらかじめ塩コショウで味付けしたチキンバーを、ティファールのフライパンで、皮の方からかりっとするように焼きます。
で、取っ手を外してオーブンへ。
230度で15分くらい焼くと、こんがり出来上がり。
しかし、28cmのフライパンがちょうど入る我が家のオーブンも立派だ(笑)
あとは、かぼちゃが安かったので、かぼちゃのたいたんを作って、夕飯の出来上がり。

今日の晩御飯07-02

今日は、娘のリクエストでカレーとなりました。
家庭訪問週間なので、4時間目までしかなく、早く帰ってきた娘に、「何カレーがいいの?」と聞くと、「シーフードでにんにくたっぷりの奴」と言います。

そこまでイメージがはっきりしていると、作るほうも楽ですね。
シーフードでにんにくたっぷりっていうことなので、イタリアンなカレー(っておかしいけど)にしようと思います。

材料数量値段備考
新たまねぎ2つ92円家にあった3つで138円ものを2つ
にんにく1つ19円家にあった3つで58円の中国産を1つ
シーフードミックス(冷凍)1/2パック299円598円の冷凍の奴を半分使用
トマト缶1缶不明いつもの100円の奴とはデザインが違うので値段不明。家にあったものを使用
カレールー適量不明ジャワの中辛の使いさしを使用

まずはたまねぎとにんにくを適当な大きさに切って、オリーブオイルで炒めます。しんなりしたらお鍋に。
次に、シーフードミックスを軽く炒めます。水分が出てきますので、水分ごとお鍋に。
トマト缶を1つ入れて、お鍋でことこと。少しお塩。
たまねぎから水分が出てくるので、水を足す必要はありませんが、新たまねぎでない場合には少し水を足したほうが良いかも。
最後にカレールーを足して、バジルなんかをぱらぱら入れて。
お好みで溶けるチーズなんかも良いかも。